月曜のお仕事はワリとハードでしたが食堂のササミチーズカツカレーが美味しいのでヨカッタデス

昨日のお仕事は食堂のご飯に感動
しました。
カレーライスにチーズささみカツが
二本乗っかってるのですが
そのカツが揚げたてで外はカリカリ
中はチーズがトロトロな状態で
提供されました😋
副菜も夏野菜をサルサソース味で
煮込んでいるもので
大変に美味しかったです
カレーなのに味噌汁もついていて
いつものように生野菜サラダもあって
ご飯もたくさん盛ってくれたので
激務でしたがこれらを食べて
さらにコーヒーとロングシュークリームのデザートを頂いて2時間の残業も
へろへろになりながらもこなせました

いやぁほんとに、あの日の
あのメニューがあっての
「残業オッケー」なのでした。
ああまた、あのチーズササミカツを
たべたいなぁです。


お仕事は、和菓子の部署に配置され
珍しく蒸しパンのラインに配置と
なりました。
なんでも、よく来るバイトが4人欠席
ということで、これは人手不足できつい
1日になるかなぁと予想していましたがまさにでした。

作業は100✕150くらいの大きさの
金属の板の上にグラシンという
蒸しパンの下にある紙を敷いてゆく
作業でした
それを品目によっては機械が敷いたものの手直しを金属の板を敷きながら二人または一人で延々とやり続けるものでした。
ライン上で遠い位置の手直しはスクワットみたいな感じになるのでだんだん背中と腰が痛くなるのですよね。
あらかじめ、家で腰とひじにモーラステープをつけて来ましたがそれでもじわじわと痛みが来てました。
私のような、たまに来るバイトは普通は二人でやる作業でしたがこの日は一人でした。間に合わないので若い女子社員が手伝ってくれましたがその人も普段は男の人がやるタネの流し込みの仕事をやりながらの私へのヘルプだったのでちと申し訳なかったです💦
彼女は途中でよくキレずに最後まで手伝ってくれたものです。

金属の板は前半のものは重くないので
80枚くらいを2回転取り回しをして、
後半は包装のラインで「少し重いやつ」をテーブルに引き込んで乗ってる蒸しパンを隣りに置き直してから
テーブルの「少し重いやつ」を元のラインに戻す作業で、これも2時間くらいやりましたがだんだん疲れてくると板を投げるような取り扱いになり、時々見に来る若い女子社員が少しびびっていましたが怒っているわけではありません。
「怒ってないよー」と
1言言ってあげればヨカッタデス。
とはいえクタクタで、朝の6時を回る頃には、蒸しパンを載せた板が回収用のラインに押し出されるようになり
回収用のラインに行ってしまうと
板がびっくり帰ってパンが廃棄になるので「重いやつ」をテーブルに重ねて作業をしていました。
するとたまたま来た班長が、重ねないで1つずつもどすのよーといいながら手伝ってくれました。私は顔がハニワ状態で
無感情で「溜めてるので前に押し出されてきちゃうんですよ」と言ったら「それはわかります」と仰せでした
かように
ラスト1時間は火事場の馬鹿力的なお仕事になっていましたよ。。。。

それにしても腕に筋肉がついたので
体はもちました。
家に帰れるくらいの力は残っていました

なんというか、筋肉を使ってお稼ぎをするというスキルは確実に身についていることは実感しました。
あとは速さですかね。。。。


仕事が終わって食堂で
バイキングを食べている皆さんを横目に(バイトはバイキングのチケットが買えない)
まずはお水をコップに3杯。
そして
中華まんの肉まんを2つレンジで温めて、2つに割って断面にお酢をたっぷり染み込ませ、胡椒をたっぷりとふりかけて食べましてから、餡だんごを一本。
オロナミンCを飲んだら糖分が脳に行ったのか、にわかに元気になり
るんるんお家に帰ることができました😋

今日はよくやったとオモイマス。
このようにハードに働いたので
痩せられるでしょうか。

🐡

この記事へのコメント