鍋割山 【2 復路】2022年11月10日

せせらぎを聞いてこんな景色を見ながらのランチはなかなか贅沢です
PXL_20221110_025411199.MP.jpg
引き返すことで大変にホッとしています
如実に顔に出ますね
その表情は嬉しそうですらあります
PXL_20221110_024236752.MP.jpg
乾燥した落ち葉がきれいです
PXL_20221110_025136264.jpg
紅葉はまだ先ですね
上は見頃と書いてありましたけど
PXL_20221110_030837624.MP.jpg
橋を撮るのを忘れてしまいました



さて引き返します
帰りは景色を眺めながらゆっくり降りましょう

12:10 鍋割山No1標識
緊急時警察や消防に電話して場所を言うとき、鍋割山No1標識のところといえばいいのでしょうかね。でも私の携帯は電波が入りませんでした💦ネットに繋がらないから電話もダメでしょう
PXL_20221110_031020480.jpg
12:10 歌舞伎座の花道は丹沢の木が使われているそうです
PXL_20221110_031010530.jpg

12:14  この3枚は上高地みたいに撮れましたよ
PXL_20221110_031225669.MP.jpg
PXL_20221110_031431310.MP.jpg
PXL_20221110_031439344.MP-684c8.jpg

1230小丸尾根分岐看板前
二俣から小丸経由でゆけば後沢乗越を回避できるのだけれど遭難の多い道という表示があり行けませんね
PXL_20221110_033020245.jpg
その道はこんな感じです
道なのか曖昧な感じですね
PXL_20221110_033024490.jpg



12:40   尾関先生像の前で休憩
カルピスウォーターも持ってきていました。山は甘い飲み物も必要です。元気が出ます。
PXL_20221110_034131784.MP.jpg
像の周りに座り心地の良いベンチが3-4台ありまして使わせていただきました
PXL_20221110_034157482.jpg
この時間は早足で下山する人たちをここから二組(男1 女1)見送りました。トレイルランニングでしょうか、軽装で小走りです。

大倉停留所に14時くらいにつくかなぁと見通しを立てます。


だいたい左右に杉の生えた道を歩いてます
PXL_20221110_035126586.jpg
上に行けなかったので視界が開けた景色は見れませんでしたね。
時々見える広葉樹の山を目にとめて。
PXL_20221110_035712862.jpg

1:00 黒竜滝分岐
この坂道を下ると黒竜滝に行けるようです。とても急な下りです。
当然スルー。
PXL_20221110_040144208.jpg

1:20 舗装道路が突然はじまる
PXL_20221110_041842371.jpg

大規模に伐採していますね。
お陰で森に光が入ります。
石で水路を作っています。石がきれいに積まれています。
PXL_20221110_042209404.MP.jpg
そしてこの近くでたぬきのような野生動物を見ました。たぬちゃーん!たぬぬぬ!!と呼びかけてみたら、止まって振り向いてくれました!顔が細かったですのでたぬきではない生き物ですね
(写真なし)


朝は暗かったのですが午後は陽射しが入ります。この道は下山用の道として使えますね。
PXL_20221110_042217552.jpg


1:30 アップルパイ&コーヒー休憩
リュックを軽くしたくてちょいちょい食べたり飲んだりしています。
PXL_20221110_043240495.jpg
道は朝よりも明るいから安心です
PXL_20221110_042224143.MP.jpg


1:50  追い抜かれる蛭ヶ岳一泊の人に💦

後方でカーンカーンと地面に杖を打つ音がしてだんだん音が近づいて私を追い抜いた人は落ちている木の枝2本を杖にして使ってそれにすがるように歩いて(走って)いました。こんにちは!今日はどちらから?と声をかけてみました。そしたら、蛭ヶ岳で泊まって鍋割山から下りてきたそうです。「しっかしきついですねココは!」そう言ってどんどん先に進んでゆかれてました。
それで思い出しました。30年前に蛭ヶ岳山荘に泊まったとき、まっすぐの木の棒を拾って私達もそれにすがるようにして下山したのです💦

😱
当初2時に大倉停留所のつもりが
またまた足が遅くて押しています。
というか休憩が多いのですネ。


1:53  午前中に、道を間違えたかも?
と思ってここまで引き返そうとした地点に到着。引き返さなくて良かったです。
引き返そうとしたときにベテランの人が通りかかり道を聞けて良かったです。



向かって左が林道(正しい登山道)で右は工事用にキャタピラーで踏みならして作った道でした
PXL_20221110_045355214.jpg


1:59  国定公園の入り口に到着
地図をしばし眺めて、蛭ヶ岳も鍋割山も丹沢では奥の方じゃないかい!と改めてわかりました。花立てとか金冷しは通ったと思うのです。昔はやれたが今はムリ。蛭ヶ岳からどのルートで帰ったかの記憶がなく(にゃんこに任せていまして)でもこれを見ると大平という地名が薄っすらと記憶にあり、そっちから帰ったかもしれないです。
PXL_20221110_045906935.MP.jpg
鍋焼きうどんは13時前に売り切れることがあると注意書きがありました。
食べたかったなぁ
PXL_20221110_045706092.MP.jpg
なお、現在鍋割山荘の宿泊は新年のご来光のときだけだそうです。山荘の主さんが高齢によりそうなったということです。高齢といえば私も老化が進み足が遅くなりうどんを食べられませんでした


もうすぐ出口です。
杖に使っていた真っ直ぐな枝が
ここに置かれていました。
これをまた誰かが使うかもしれませんね
PXL_20221110_050127678.jpg
2:02  牛舎
登りのときなんとなーく牛くさいと思ったら牛舎が道沿いにありました
足柄牛という看板があるので肉牛でしょうかね。
PXL_20221110_050243709.jpg

2:09  登山口に入る前の景色
いいところですよね。
PXL_20221110_050917207.jpg

右の膝が痛くてバス停まで20分かかりました💦まあ途中で露地物販売の棚を見たりして道草したこともありますが、このラスト20分は身体がしんどかったです。今回は途中で引き返して正解でした


2:30 バス停到着
目標のタイムより30分遅れていますが大した遅れでなく良かったです。

2時32分発のバスをやり過ごし
公園のベンチで靴を脱いで休憩です
バス停の周りはビジターセンターや広くて綺麗な公園があり休憩できます
地元の人もベンチで日向ぼっこして世間話をしています。
PXL_20221110_052904905.MP.jpg



2:50バスに乗る

渋沢駅に03:05に着く

来た電車に乗る03:15

海老名から路線バスに乗り
ユーコープ前で降りてお刺し身を買って
徒歩で帰宅
足を引きずっておりました

4:35  帰宅 うちから大山を撮りました
大山おつかれちゃーん
マンションの階段をあがるのが大変にきつかったです
PXL_20221110_073503966.jpg
シャワーしてごはんは5:30
何も作りたくないのでお刺し身と
ナメコの味噌汁です
PXL_20221110_082622937.NIGHT.jpg


大根のツマをポン酢をかけて全部食べてやっとひもじくなくなりました。
PXL_20221110_082631020.NIGHT.jpg
今日は無事故で戻れてヨカッタデス
おつかれちゃーん


オワリっ🐡

この記事へのコメント

2022年11月11日 10:09
こんにちは。

ワタクシも蛭ヶ岳山荘に泊っています。
ウン十年も前です。
その時は、檜洞丸を経由して西丹沢の箒沢に下山しました。
かにょにょ@横歩き
2022年11月12日 22:21
おぎひまさん

おぎひまさんもうんじゅうねんまえに蛭ヶ岳山荘に泊まられたのですね。西丹沢のビジターセンターからのコースですね。調べてみるとこちらも歩行距離がなんと18.5キロとハードでございますね〜
(スバラシイ)私はいま、なんとかののっこしを通らないでかつ最短の歩行距離で鍋焼き山じゃなくて鍋割山荘につく方法を探しているところです。。。レンタカーで半分登ってやろう的な勢いでございます💦

🐡