2023年2月21日 富士山ポイントはっけん

今朝はお散歩にゆきました
8:45-9:15まで30分歩きました
平らな土地に
北からのカラッ風が吹きつけるお天気
でとても寒くて30分が限界でした

そんな中で、富士山を見つけました

ちいさいねー😅
フジちゃんおはよーちゃん
PXL_20230220_235503167.jpg
他にも名前はわからないけれども
山が見えました。秩父連山かな?
後で調べます。
PXL_20230220_235552210.jpg

埼玉あるある。
きれいで広い道が
途中でなくなる案件をいくつか。
うちの近所は綺麗に舗装した広い道が
途中で終わっているところが多くて
これはまあ、曲がって続いて
いるけれども止まってる感の強い
道の景色。
PXL_20230220_234917693.jpg

こちらはほんとに終わっている道
フェンスからこっち側は
県が所有しています
フェンスの向こう側の25メーター
ほどの道は農業用道路で
トラクターが田んぼに入るための
道で綺麗に舗装されています
PXL_20230220_234952953.jpg
(しかしこの田んぼはそう長く続かない予感がしますね。もうすぐ住宅とかお店になってしまうような気がします💦)


そしてこの辺の原風景
ヨシのプチ群生
PXL_20230221_000231026.jpg
40年前は背丈よりも高いヨシがこの辺り一面に群生していました。もともとこの辺は湿地帯で、大昔、50年前は地元の子どもたちは、西に行っては行けないよ、沼にハマるとかえって来れなくなるよ、とゆくことを禁じられていたと言われていたトカなところなのです。(ソースはいちごちゃんねるより)


高校時代(40年前)はこのように背丈よりも高いヨシが道の両脇に広がる湿地に生えていて駅から2キロ先に渡って延々と続いていました。一面の湿地帯です。家までは湿地の中を貫く長い一本の道(2車線道路)をヨシの壁の間を走るかのように走っていましたよ。
家までの15分間はヨシキリという鳥のさえずりが止まずにいたことを覚えています。
(ジョッジョッピー ジョッジョッピー キチキチキチキチ。。。。。)
PXL_20230221_000404618.jpg
(写真は空が見えるけれども空が見えないくらい密に生えていたのですよ)


40年後に戻って見るとヨシも沼地も跡形もなくなりヨシキリの声もしなくなって立派な住宅が建ち並ぶ街に変貌していましたな。


30年前、紙商社の仕事に派遣で入ったときに大手製紙会社がこのあたりの土地を買い付けて社員用に大規模に分譲したという話を聞いて、そりゃ立派な家が建ってるだろうなーと妄想していましたが追々それはどのあたりなのかについても調べてみようと思いました。(調べてどーする😅)

うちの父親は家を建てるときに土台を60センチとしたそうです。洪水のときは2階はぎりぎりセーフになると良いのですが。
線状降水帯がこっちに来ないことをひたすら祈るのみです。
新方川(にいがたがわ)があふれて生活排水ミックス状態のきったない水が上がってくるなんて恐怖しかありませんもん😅まぁどこの洪水も汚水まみれになることでは同じですけれど。。。
PXL_20230218_045355862.jpg

朝から妄想すな! 🐡💥


朝ごはんはお散歩前に
チーズのホットサンドを
いただきました
PXL_20230220_231023132.jpg


🐡

この記事へのコメント

2023年02月21日 10:37
🔵ナイス!


ふじちゃんに逢えて良かったですね。
その左側に、大山ちゃんも映ってるハズです。
かにょにょ@横歩き
2023年02月21日 18:06
おぎひまさん
コメントありがとうございます!オーヤマちゃんも見えるのですね!!嬉しいです!これは毎朝写真を撮りにゆかなくては。。。